Carと言えばPlay

IMG_2401

車をリコールに出したら、CarPlay対応に進化して帰ってきた。

何を言っているのかわからねーと思うが、とテンプレを持ち出すまでもない、割とそのまんまの内容です。つまり、やるやると聞いていたカーエンタメのソフトアップデートがリコールと同時に行われ、AppleのCarPlayに対応しましたよと。

んで、暫く使ってみたんですが、とても良いです。

良い点その1

当たり前ですが、カーナビがスクリーンにしっかり表示される。

私の場合、ディーラーオプションのナビを最初からインストールせず、スマホナビを前提に使っていたわけですが、やはり画面が大きく表示されるのはありがたい。タッチ機能も問題無く使えますし、ボタンが運転中前提に大きめに表示されるので、画面含めて使いやすくなる。

使えるナビアプリの種類が限られるのは気になりますが、Google mapで満足です。ヤフーカーナビが対応したらもっといいけど、じゃあスマホの画面に戻るかと言えばそうではない。総合力でこっちの勝ち。と言う判断です。

専用のディーラーオプションナビだったらもっと良いはず。というのは確かにありますが、20万近くの価格差を正当化できるとは思えません。まあ、貧乏人の遠吠えでもありますが。あと、なんていうか、あの国産ナビのむやみに情報の多い画面苦手なんですよね、、。

良い点その2

音楽を聴くのが、スマホと同じ使い勝手。

これは良い意味で予測してなかったんですが、音楽がスマホと同じ操作で聴ける、探せるのは凄く良いです。カーエンタメの画面でも以前からスマホの音楽は聴けたし、探す事も出来たんですが、操作が微妙と言うか、反応も鈍く、メニュー構造もなんかわかりづらい感じで、あんまり積極的に活用出来てませんでした。

CarPlayのアプリ経由で使うと、当たり前なんですが、スマホのアプリとほぼ同じ操作で聴ける、探せる。勿論音声検索もできる訳です。自分の気に入ったアーティストとか曲にいいね付けたり、たまたま流れてきた曲からアルバム探したりするのもとても簡単。車のシステムからこれやろうと思うとほぼ路肩に一旦停止しないと無理なんですが、それがいつでも簡単にできる、そう、CarPlayならね。

まあ、究極的には、車のあらゆるシステムがスマホにつながるのかもしれません。エアコンとかワイパーのきめ細かい制御とかはすぐにでも出来そうだし、GPS、車速センサー、近距離レーダー、カメラなんかの車側のセンサーは勿論、ITS、信号情報などの外部情報を連携させて、アクセル、ブレーキ、ハンドル操作なんかも出来そうです。まあ、自動運転車ですね。

まあ、この辺りはメルセデスがMBUXとか言うシステムを採用したり、車メーカーとしての役割を主張しそうですが、そっちの方にはあまり面白く話は無いような気がしてしまいます。車をスマホに繋いで、センサーの情報とコントロール権限を渡せば、車種毎のプログラムがダウンロードされて、自動運転車出来上がり、アップデートで大幅進化もあるでよ、みたいな。そっちの方に行ったら面白いかなあと。

ぐう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中