カセットボンベ型ストーブ

Kovea キューピッド

買ってから数週間、やっと時間を見つけてコヴェア キューピッドの現地テストに行ってまいりました。

何かと言うと、カセットボンベで使える小型のストーブなんですが、イワタニとかから出てるのと比べて、小さいのが最大の特徴です。写真みてもらうのが早いと思いますが、ボンベとの比較で見ればわかるかと。かなりコンパクトで、例えば小型のリュックに余裕で入る大きさです。

使用感ですが、まずソロテントの前室を暖めるにはちょうど良い火力かと思います。手を近くでかざすと熱さを感じ、寒い時には安心できますね。説明書は見ての通り韓国語ですが、グーグル翻訳のカメラモードでしっかり内容は理解できます。まあ、見なくても大体使えますが。何よりカセットボンベ方式は手軽。薪ストーブだったら設営と撤収で1時間はかかる所でしょうが、ガチャ、バチン、ボッ、でもう暖かい。ボンベはそこらのスーパーで一本100円の買って来ましたが、なんの支障もありません。マイナス10度とかの環境だとどうなのかわかりませんが、まあ私がそんなエクストリームな環境で使うわけでもないですし、この手軽さは有難い。

あと、とにかく小型で軽い。大きめのザックに、テント、寝袋、マット、チェア、テーブルその他諸々と一緒にケースごと詰め込んでおけます。ボンベのスペースになんかボトル状の道具詰めたりとか工夫すればさらにスペース効率上げられるかも知れません。灯油ストーブだとこうはいかないですし、況んや薪ストーブをや。

一つ発見としては、熱が上に向かいます。正面じゃ無くて熱源の上。実際よく見ると、セラミックの上から青い炎が上がっていて、それが上の方に伸びてるんですよね。手をかざすと上が一番熱い。正直火傷するから近づけ過ぎ厳禁です。

ということはですよ、この上に別のゴトク置いてヤカンでも乗っければ、湯沸かし器にもなりそうです。今度試してみます。

あんまりちゃんと情報が無くて、ちょっと購入に躊躇したんですが、これは買ってよかったかもしれません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中