パリは萌えているか。

パリに来ておりまして。

多分前に来たのは10年以上前かと思うんですよね。トランジットをストップオーバーに変更して3日ぐらいの滞在で。まあ、それは今回も同じようなもんですが。

今回は朝の5時にCDGに到着して、ホテルに着いたのが6時くらい。そこから荷物預けて、ルーブルが開く9時まで時間を潰そうとカフェ探してぶらぶらしてたら、あれ、ここサンジェルマンデプレの教会?とすると、ここにあるのはあのカフェドゥマゴ?みたいな感じで吸い寄せられるように入ってみましたよ。

と言いますか、実際は有名カフェだし、なんか、汚ないアジア人が何しに来たみたいな感じで顎でトイレ横の席案内されたらやだなとか思ってたんですが、めちゃくちゃフレンドリー。サービスもやたらスムーズで早いし、バターとかチョコとか足りる?英字新聞あるけど読む?みたいな感じでサービスしてくれるし、席なんか早朝で空いてるからだろうけど、好きなとこ座っていいよー、どーぞどーぞだしで、居心地最高なんでありました。

客層は明らかに常連の爺さん婆さんと、俺含む観光客が半々、という感じに見えたんですが、隣になんかずっと新聞のクロスワードやってる爺さんがいて、その爺さんに客が次々と握手を求めにやってくるんですよね。最初は常連同士の挨拶とかかなと思っていたんですが、どうもそうじゃない。フランス語わからないんで雰囲気でしかありませんが、なんか爺さんの方はあー、はいはい、みたいな感じで、他の客がなんか一生懸命に話しかけているご様子。

まあ、多分名のある爺さんなんでしょう。

こまんたれぶー。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中