はじまりのはじまりなのだ。

まだおわっちゃいねえぜ。などと見栄を切るまでもなく、暫くこのブログの更新をしておりませんでした。まあ、ほぼ誰も読んでないのでいいんですが。

20718-_-4179738-_-dscf2699

何となく書かなくなってから、コロナ騒ぎが発生し、仕事は在宅勤務が常体となりました。その間の感情の動きをダイジェストでお伝えすると、なんかオラワクワクすっぞ>やべえ疲れた>もうこれでいいじゃん>やめて、元に戻すのはやめて。という感じでしょうか。

ご多聞にもれずいろんなことがあったので、つらつら書いてみようかと思っていますが、まあ、大したこと書かないダルめの公開日記みたいなものなので、初日から頑張るのは辞めておきます。

とりあえず何を書こうか考えながらキーを打っている状態ですが、あまりさかのぼって書くと記憶を引っ張り出すのに疲れてしまうので、とりあえずリモートワークネタで一席。

在宅勤務、というか、リモートワークが前提になってしまったので、ネット回線とパソコンがあればどこでも仕事ができるということに気づいてしまったわけです。というか、知ってたけど、おおっぴらにやりづらかったと言いますか。

例えば、コロナ以前って、「今日は家から仕事します。」って何か理由が必要だったわけですよ。会議直前まで医者の予約が入っていて、とか、子供の3者面談に間に合わせたいので、とかですね。それもどこまで本当かという話もありますが、まあ、いずれにせよエクスキューズが必要なんであります。

それがですね、私の場合は3月からなんですが、在宅勤務が基本となると、それが要らない。むしろ出社するのに理由が必要になりました。で、これがたまらなく楽。仕事は家でもどこでもできるのに、通勤に時間とエネルギーを浪費して会社に向かう必要がない。そもそも会社に行っても全員揃うわけでもないから、会社に行くメリット自体が激しく減少してしまっている。そうなると、「まだ出勤で消耗してるの?」とかいう浅めのアジテーションで薄めのリアクションを狙いたくなるわけです。意味わかりませんが。

冷静に言えば、在宅はすべてが最高ではありません。例えば、家族が家にいる時は、会議の声をワントーン低めにして、かつ、スピーカーから音が漏れないように暑くてもヘッドセットを付ける。特に最初のころは椅子やテーブルも揃っていなかったので、腰がすぐに痛くなる。気分転換の場を意識的に作らないと、テンションが高止まりしたまま朝から晩まで突っ走り、異常に疲労する。などは私の場合顕著にありました。

それでも、会社に全員が集まって顔を突き合わせて毎日仕事をする、というのが、もはや意味を持たないのじゃないか、という気にはなっています。顔を合わせて話をすること自体の価値がゼロになったわけではありませんが、それがスタンダード、なんではなく、リモートがスタンダード。

リモートを快適にするのもそれなりに工夫が必要なんだとも思います。それを怠るとやはり会社の方がよい、という話になったりする。その為に買ったり作ったりしたものもありますので、今後その紹介もさせて貰えれば。というところできょうは一旦おしまいです。

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中